Operation-L Ver.2

持病にて自宅警備員。病状を連ねたりヲタを呟いたり、善き家人と過ごす日々の雑文

Write

[改稿バトル]日付変更30分前

あー、とにかく俺、頑張ったわ。
出力原稿を両方嫁に読ませて「選んでくれ」つったら「どっちも良いよ」とゆー寝ぼけた返事がきた。
決められねーからお前に読ませたんだろ!!
嫁「あたしも決めらんない」
俺「だがAの方が多少船長の活躍シーンがある。Bにはない」
嫁「そうだね……たしかに見せ場はないかな」
俺「じゃあAだろ常考」
嫁「ただ、ちょっと重すぎるけど、Bも悪くない」
……じつは個人としてはBの方が良い。が、物書きとしてはどうか。かなりダークだ、悲劇すぎる。

突如、決意した。

俺「改稿するわ」
嫁「え?」
俺「改稿する、もっとマイルドに。手術だけは飛ばせねーけど、周辺設定変えて書き直す」
嫁「そんなこと言ったって、もうすぐ日付変わって当日だよ。間に合うの?」
俺「判らん。どうしても間に合わんかったらA上げる」

相手は3万3000文字でつ。
期限は26時間。

俺、正気じゃねえよね。
俺が目の前にいたら「お前バカだろ」つうもんね。
んでもさ、俺、二次は趣味でやってんじゃん?
びた一文もらってねえじゃん?ネット無料公開だもんよ。
ほんとに好き勝手やれるんだよ。
だから商業みたく「いまいち気に入らねえけど時間がねえ!!」てのはないのだ。
『自分が納得した作品を出す』のが趣味ってもんだ。
じゃあ改稿するっきゃねえだろ。じょーとーだ、やったるわ!
無論、趣味だからといって公開が決まってるものを落とすなどありえん。

同人さんがよく「新刊の原稿落としちゃった」とか言ってんじゃん。
クソ恥ずかしい作家ごっこを平気で口にするんだな。
プロの真似してえんなら、プロ並みに根性張って見せろや。
「死にそうだったけど無理やり間に合わせた!」の方が圧倒的にカッコイイぜ。



さて、ライムトライアル改稿だ。
ところがだな。
きのうのアテは『貧乏人焼肉』。
パスなんか出来ねーーーーー!!
改稿放っぽって晩酌。薄切りバラ肉の焼肉に、発泡酒約2本。
こりゃあさすがにちょっと寝なきゃだろ、とベッドに入る。
リーマスとラミクタールは飲んだ。春とリボトリールはパスした。仮眠だけで起きなきゃならんのに、春飲んだりリボ追加したり出来ねえわ。
とりあえず仮眠開始、7時半。
目が覚めたの9時半。アラームより1時間早ぇ。
起床10時。きのう残してたメーカーもんのホットケーキ1個を食らい、冷えた強炭酸水を喉に流し込んだら改稿再開。
コピペでしのげる場面もそれなりにあったが、整合性つけなきゃならねえし、書き起こしはあるし、「こりゃあ21時までに上がりゃ御の字だな」とか思ってたんだが、朝飯後、やっぱり眠気が来て椅子で約1時間仮眠。
いやー、寄る年波には勝てねえつうが、これマジだわ。まあ、薬飲んでるって事情もあるけどな。言い訳したってタイムリミットが伸びるでなし。
書きながら「これ、ヤベえな……」と。
自分設定時間残り3時間で、ラストの書き起こしがまだです。
バトルシーンです。
その手前の書き起こしにすら手が届いてねえ惨状。

さっさと21時うp計画放棄。
「もう日付変更前なら何時でも構わんっ!!」
希望的な何かは捨て去り、現実路線。

原稿うpしてプレビューで最終確認、焦りつつも数か所修正。
公開にこぎつけたのは23時半だった。マジでギリ。
もしかしたら誤字とか、残ってんのかもだが、プレビューで直したのの他にはなかった気がする。

お疲れ様でした、俺。
ほんとマジで。
よく脳みそ溶けなかったなw

不思議と眠気は感じなかったな。寝不足なのにな。
おそらくギリでも間に合わせたことで、多少気分が上がってた。
だがきっと、暗い寝室でベッドに転がったら、一発で落ちただろう。
無論そんな愚挙はしない。
ご褒美で発泡酒1本プラスなのだ!

……が、さすがに疲れてたから、発泡酒2本飲んで350ml飲みながら寝落ちそーになったw
もうさっさと飲んでぐっすり寝るぞ!
なーんて訳にはいかなくてだな。
嫁が早出、15時出勤なので飯が早い。当家のモットーは「飯は一緒に食う」である。
頑張って起きたさ……寝不足ダブルありがとうございます。

そして現在に至る。



振り返ってみて「厳密な進行さえなけりゃ、作家やれてたのかもな」と、ちょっと自惚れた。
俺は基本的に微軽躁〜軽躁でしか小説書けねえ。
それが混合っぽい、意識が小説に向いてなくてイラついてる状態で、よく集中して改稿やれたなと思ってさ。
そんなタラレバ、並べてみてもしゃあねえけど。

俺やっぱ、書くのがすっげー好きなんだなと。
猛烈に追い込まれてんのに、笑うんだよな。顔が笑ってんのが判る。
ラストの部分なんか、まったくなーんにも考えてなかった。ただ『バトル』てだけで、頭ん中は白紙だった。
いざ差し掛かったら、湧いて出たんだよ、戦い方とか手段とか、流れがどんどん出てきて、面白くってさ。
クライマックスなんか「え、そこ行くの?」って感じで。
自分がワクワクしてんだから、世話ぁねーや。

つまり『俺が最初の読者』だったんだな。



俺「A、どーしよっかな」
嫁「上げれば?」
俺「何で年に2本もうpらなきゃなんだよ!もったいねーだろ!」
嫁「じゃあ来年、なんていうと、禮人きっとまた忘れてるよw」

ぜってー忘れるもんか、毎日いじるOL2(長ったらしいんで略している)の下書きテキスト片隅に書いておくもんね。
そうさ、来年の誕生日に向けての作業はもう始まっている。

つか、終わってる。


あとは来年を待つだけだ。



誕生日の趣旨が変わってねえか?
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ   にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
にほんブログ村 にほんブログ村



[書く]結果報告










間に合った!!





以上。




[書く]ここにバカひとり

はーい、おぢさんですよー。
きのう出力した原稿を叩き台に、1行目から書き直してる大バカ者ですよー。
A5に40字で27行60枚あるんだけどね、直して何枚になるか知らんけどね。

間に合う保証?

皆無。

だからね、余裕ないのwww
何でそんなバカなことするかって?


あたしゃー物書きですぜ。
どうしても納得いかんもんなぞ公開出来る訳ねえでしょうが。
プロならそうはいかんけどな、現状でほぼ素人なんで。


んでは、本日はこれにて。
きっとあしたは死体www草




[誕生日祝賀小説]いやかなりヤバイって

お誕生日小説。
ガチでヤバイ。こうなりゃもう出力して嫁に選ばせるしか。
で、そっちを再校。晩酌だけはやりてえ。ゆうべ手直しした輪っかの他に2本あって、まとめて神社で洗ってきた。原価や見た目から値段決めなきゃならんし。

あすは完全にヒッキー。外に出ている暇などない!!
出来るなら日付が変わる前にうpしたいのだ。
睡魔とはどう戦うか、戦術はないんだが、根性だけで突っ走ろうと思う。

と、書いてるうちに寝落ちそうになった。最悪だくそーーーー!
あ、くそじゃなくて、うんこ。

これから飯を食うんだが、食後は怖ぃな、何とな寝ねーように、とにかく頑張るぜい!!



間に合わんなぞ許されんのだ!!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ   にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
にほんブログ村 にほんブログ村



[仕事らしくなってきた]睡魔 VS 多忙

「そうそう寝てばかりいられるかあああぁ!!」
ってな訳で、嫁が出勤した後、MacでDVDを視たのだ。

寝落ち繰り返して、途中の記憶が断片的。
くそー、悪魔でも勝てねー眠気とは。

大人しく屈しよう(まて



きょうは校正諦めた。寝ぼけた頭でやるもんじゃーない。
後で覚めたら再開するかもだが。




ゆうべの協議で、ブレスをひとつ直すことになった。
デザインは良いのだが、サイズが14でな、大人にはちょっとちいせえぞってな話。
や、俺もそうは思ってたんだがねー、やっぱりそうか。
クラック水晶とオニキスとマザー・オブ・パール。間にロンデル。
我ながら華やかでいてシックだと思う。量産もアリだな。
ふと気が向いて、オペロンを黒にしてみた。まだ結んでねえ。
嫁のご意見承ってからな。今なら糸抜くだけで済むし、無駄にすることもない。
俺も、悪くねえよなと思いつつ、これはどうよ?と思わんくもない。
マザー・オブ・パールて、一応『安産のお守り』とかゆーやつで、それを白黒で固めた上に糸まで黒くちゃヤバイかなとか。
万一ご不幸があって逆恨みされるのヤだしなー。

ついでに、いくつか作れればなーと思ってな。
石のストックがあんましねえんだが、そこは友情と努力とで勝利出来んもんかと。
…………無理ですよね。友情と努力で天然石なんか入手出来ないすよね。

ああ、こんな時に千空とクロムがいてくれたなら…………。

ジョーダンはともかくとして、宣伝文を若干修正する会議が必要。
価格の見直しもあるかもしれん。
木曜にはスタート出来れば良いんだが。木曜逃すと日曜だな。
とにかくこればっかりは嫁のリズムで動くっきゃねえんで。
俺は作って、原価計算して、宣伝文書く人。



気を抜くと眠気が一気にくるな。
2ちゃんなんか眺めてちゃダメだな。
最低限の情報収集はしておきてえんだけどね。スレッド読んでるうちに寝落ちそうになる。
まいったな~おい。せめて5日にゃ小説うpしねえとヤバイぞほんと、
あんな駄文でも楽しみにしてるってお客がいるんだから。
『眠らせる薬はあるが、眠気を覚ます薬はない』。
ええ、ええ、判っておりますとも。人間やめる気はございませんことよ。

そもそも買えねーよwwwww



さて、2泊3日の黒執事を返却せねばならん。
そういや、TSUTAYAが罰ゲームみてえな方向にシフトしたって?
だとしても、俺らが今使ってる店を捨てられん理由があるのだよ。
ズバリ『品揃え』だ。マクロス7置いてるとか、信じられねー。
TSUTAYAにはない『GATE』も普通にある。
店によっては置いてるのかもだが、最寄りのTSUTAYAにはない。
そこが決定的な差なんだな。
借り放題とか言ったって、視てえもんがなきゃ意味ねーのよ。



さて、嫁からのカエルコールがきた。
俺は出かける仕度をせねばな。
やっぱ、娑婆の空気は良いわw


もういっそ軽躁にならねえかなと
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ   にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
にほんブログ村 にほんブログ村



[予約受診+書く]『夢』って何だろ?

今朝方は酎ハイ飲まんかった。
つーか、そんな場合じゃーなかった。就寝時間が6時過ぎになった。
4時間どころか3時間ほどで起きることになり、起き上がる時はひたすら根性。
なけなしの根性振り絞って、起き上がり、机に向かってメモ書いた。

・ほぼ1日中眠い
・気力がないが、すごくイライラする
・数字に弱くなった
・女の声で「ねえ?」と幻聴
・左脚を猫に叩かれる幻覚

医者、メモ見て「………………」。
医「数字に弱くなったの?」
俺「銀行口座の端数とか、引き落としにあといくら入れたら良いのか、ちょっと判んないんすよね、ここ数か月」
医「下のふたつは幻覚だね、うん……」
俺「これまで人の声が聞こえたことなかったし、ハッキリしてたんで、ちょっとビビってます。猫のほうは、なんか、もう慣れたというか」
医「うーん……他に薬の出しようがないんだよね。いつもの処方でいこう」
ですよねー。そうですとねー。鋼の鉄板処方だもんねー。

俺、統失まっしぐらかすら?
それともアルツハイマー?
どっちにしてもヤバイ。
このまま悪化するようなら、嫁と別れる算段をせにゃ。
あほの面倒なんぞ、あいつにみさせられん。


本日の処方
ラミクタール100mg×4T/14day(朝2 晩2)
デパス0.5mg×1T/14day(朝)
エビリファイ1mg×1T/14day (朝)
リーマス200mg×3T/14day(就寝前)
銀春0.25mg×2T/14day(就寝前)
リボトリール0.5mg×2T/14day(就寝前)

現状維持以外に何が出来る?


全っ然関係ねえんだけどさ、
なんか、いつも思うコト。

『夢はいつかかなう』
『夢を追いかけよう』
「みんなの夢は必ずかなう」

夢がかなった奴に言われたくねえよな。
「あんたは夢がかなったからそう思うんだろうが、現実には国民の半分も夢なんかかなえちゃいない」
いつまでも夢なんか追っかけてたら、いつまでも非正規職員で収入不安定で、いつまでも嫁なんかもらえんくて、当然ガキのツラなど拝めるはずもなく、実家からは勘当、狭いアパートに住んでてだな、たまにおんなじようなこじらせ仲間と居酒屋で音楽論とかブチ上げちゃったりしてさ。
作家だっておんなじ。歳を重ねるほどムキになって、絶望感と執念が頭ん中をぐるぐる廻る。ここまでやった以上、成功しなきゃならんって、プレッシャーで書けんくなってノイローゼ気味(うつ)になる。

マジで何かしらで成功したいと思うなら、後ろに壁があって、そこにナイフがついてると思え。刃先はお前の背中にピッタリついてる。
背水の陣なんてぬるいこと言うなよ、水は泳いで逃げられる。
背中に突きつけられた刃は、一歩でも退いたらお前を刺すぞ。
そこまでやれば、かなわなくても自分を褒めて良いと思う。負けて悔いなし、だ。

そんなのさっさと捨てて普通の生活を望むのを、夢に挫折したとか捨てたとか、そういうふうには思わんもん。
なんて潔い奴らだろう。そういう人間たちが日本を支えてる。

俺はどっちつかず。それ以下。
しっかりと掴みきれなかった望みの尻尾を掴んだまんま、どうすることも出来んくて、薬を飲んでうずくまってる。
復帰云々なんて冗談どころじゃあねえ。いつ具合が悪くなるか判らんのに不用意に仕事求めたり出来ねえし。いざ書き上げたとしても進行の間に潰れるかもしれん。
スケジュールが厳密に決まってるから、ブッチなんぞしたら他の出版社でも使ってもらえんくなる。

こないだ、14年前の自著を読み返した。エロは苦手なんで読み飛ばしたが、じつは小説それ自体は面白かった。かなり。エロすくなくて売れ行きは悪かったんだが、担当は「面白さ優先で出しちゃいましたからね」って、当時はお世辞だなと思ったが、今は素直に「これ面白ぇな」と思った。
形になっててよかったな。

俺の自著は8冊だ。
最低10冊は行きたかったが、あとすこし、手が届かんかったな。

これは『夢がかなった』のか『夢を追って挫折した』のか、俺には判らんね。
いや、夢つうより、じつは俺は小説家だけは目指したくねえと思ってた。金が絡んでメンドクセーのはゴメンだ、趣味なんだから自由にやりてえ、と。
だが現実、俺は『出勤が出来んかった(うつ期)』から、家でやれる仕事を探すっきゃなくてさ……それが『小説』だった。
俺は夢を追ったんじゃねえ、現実を負ったんだ。

現状に悔しさがねえといえば嘘になる。
そりゃ悔しいけどさ、無理すりゃリバウンドで嫁に迷惑かけちまうし。
このまんま、細々と穏やかに生きてくのも悪くねぇかな、とか。
投稿ん時、何度背中に刃背負ったか。
「ここで今退くくらいなら死ね」と、何度自分に言ったかな。
ドうつのど真ん中で何も書けるはずねえのに、のたうち回って足掻いて泣いて、それでも退かなかった自分は、ちょっと偉かったなと思ってやれる。

『夢は必ずかなう』なんてこと、俺はとってもじゃねえが口に出来ねえ。
成功者の傲慢だと思ってるよ。
だが、それでも夢を追うってんなら「かなえる方法探れよ?」と。

1等取れるのはひとりしかねえんだぜ。
――稀には、1等2回取ってやっとデビュー出来たバカもいるが。



小説といえば。
1月に書いてあった誕生日小説のこと思い出して、今手がけてんのと前のやつと、どっちが良いのか完全に判らんくなってもーた。最悪。
すげえよね、2本のうち1本選べって。すっげー贅沢だよな。
……甲乙つけがたい!!!!!
どっちも良いが、どっちも良くねえ。長所短所双方にあり。
余裕ブッこいてたのに、あと4日だぜ!シャレなんねええええぇ!!!!

いい、もう、最悪、嫁に決めさせよう。



得意技は責任放棄と開き直り(キリッ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ   にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
にほんブログ村 にほんブログ村



[体調&原稿]混ざってる

今頃ルルーシュ視てる。
シャーリーが記憶失くしたとこまでは視た。
あと2本視て木曜返却、また借りてくるだろーな。
先が長いんで倒れそーだけど。



いやもうマジで原稿書いてまつ。Mac向かったらもう即。
寝起きで書くもんねほんと。
寝起きよ?脳みそ寝てるだろって。んでもスキッとして書いてる。
うわー、物書きモード。自分が怖ぇ。
軽躁の時とは比べものにならんけど。軽躁入ったら爆走モードだからな。
今は自転車でサクサクくれぇ。
じゃあ大うつの時はコースで寝てるんだろうって?
甘い。コースにすら出られん。そんな気力ある訳ねえじゃんな。
部屋に篭って「文章も書けない俺なんか生きてる資格ねえし酸素吸うのも世間に申し訳ねえから死ぬっきゃねえ」つって泣いてる。
これは躁うつの自殺願望のパターンらしい。
うつが「死にたい、消えたい」の対し、躁うつは「生きていてはいけない」って発想になるらしい。全員が全員じゃねえだろうけど、俺は昔からこのパターン。
「まともに仕事も続かない俺なんか生きてる資格ねえんだ」とゆー。
薬飲み始めてからはめったに追い込まれることねえけど。
ああ、少し前にあったっけ。せっかくの(違)ちょっとした軽躁だったのに、書く方に始めて観念奔逸が出てもーて、あれもこれも手をつけるが何ひとつしあがらんという。
あれは医者の前で泣いたわー。躁で辛くて泣いたの初めて。
キツかったわー。

話完全に逸れてる。

原稿書けるの、やっぱ幸せ♡
俺はこれっきゃ出来ねーし、これっきゃやってこなかった。
今年は言い出来になるかなあ。いい感じだ。
10月6日まであと3週間、いけるだけバリバリ行くぜ!!

んでもやっぱ眠気ひでえ。きのうなんか、ほぼ1日丸ごと、まともに起きてられんかった。
あっはっはー、こりゃ混合かねー?
医者に言うたら「エビ増やす?」て言われるだろうが、俺は3mg飲んだら一発でパーキンソン症候群来るぞ。今だってちっちゃく出てんのに。
1mgでw
小学生w

しょうがねえだろ、ある種の薬に敏感なんだからよ!



つか、きょうは嫁のリクエストで居酒屋行きまつ。
たまには息抜きせんとな。




1時間半飲み放題、アテは何かな〜
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ   にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
にほんブログ村 にほんブログ村



[原稿、とか]ねむいけど、がんばる。

きょうも見事に4時間でパッチリお目々が覚めた。
いい加減泣けるわもう。

俺には俺の、本来のタイムテーブルってのがあって。
14時半に起床、ちょこっとネット弄って朝飯。
嫁を見送ってネットを徘徊したり適当に。ちょっと眠かったり目が疲れたりしたら、椅子で30分ほど休憩。
20時頃からブログに取り掛かる。
飯をはさんで、ブログをコツコツ。日付変更前にうp。
その頃には嫁が帰宅してて、隣でゲムってる(無料)。
2時頃までネット弄ってることもあれば、チラシ折ってることもある。
晩酌して、寝る。希望就寝時刻は5時(より早ければ嬉しい)で、起床は6時間後がベスト。

きょうは嫁が寝ちまって、8時就寝、12時覚醒。くそ。全然予定に合ってねえ!

そりゃあ眠気のひとつも来るやな。

嫁が出勤してから30分程度はまぁおk。
1時間くらい経つと、ほーら眠い。
どーしよっかなーと迷い、椅子で寝ることにする。
何できっかり2時間なんだろな?俺の普段の睡眠リズムと違うんだが。
だがまぁ目が覚めて19時半。妥当だ。
しかし「あー、ダルいなー……」
待て、椅子にもたれるな、それは罠だ!!

案の定、1時間落ちた。20時半。
飯食って、21時半。
うわあああぁ、また3時間もロス――したのか?
眠れんかった分を、椅子で稼いだんじゃ?
そう考えると、さほど悔しくもなく。うんうん、まあまあ帳尻は合うな。



ツイで『おすすめユーザー』つうのが出るじゃん?
あれをたまに眺める訳だが、これまでにそれでフォローしたのは2名、どっちも躁うつ。で、ほとんど呟かん。
意味ねーなー。おひとりの方は、時々呟いてんだけど。もうひとりが呟いてんのを見たことがねえ。
フォロー外してもいいんじゃねえかと思う。無意味なんだから。

船長関係なんかも当たってみたりするんだが、まあその、腐。どんだけいるんだあいつら。
や、責めねえよ俺は。自分自身、軽躁の勢いでアホみてえに書きまくったし、それ自体が嫌いってこたぁない。
んでも俺にだって好みつーのがあって、『済まん、そのカップリング無理』とかさ。やっぱ『好き嫌いなし』てのは、俺には無理だ。ガッチリ固定、てのもねえけど、やっぱ、許容範囲ってのは、どーしてもね。
いっそ色気抜き大好物。カッケーっしょ、ストイック。
いや、あれはストイックとかそーゆうんじゃねえ気がする。
Aセクの匂いがするな。
「今度はどんなキャラを振らせてやろーかなー」とかと、年に1度のまつりを楽しみにしていたりする。
どうやら俺はセクションを分けちまうのが好きらしい。
腐垢の方には色気ゼロには触れてねえし、逆もしかり。
活動の名前ごとにメルアド分けてたりな。
そうか、これは性分だったのか。

色気ゼロの方は、いよいよ佳境であります。
良い娘なんで惜しいが、この話に使われたのが運の尽きだ、諦めてくれ。
でも後で楽しいことが待ってるぞ★



猛烈な眠気にやられて、寝たり起きたりで書いた記事なんで、ところどころ誤字脱字もあるかしれん。そこはご容赦。意味不な記述もあったらスマヌ。



さてと、すこしでも原稿書かねば。
こっちが終わらんとすべての作業が滞る。



泣きたくなければおれに惚れるな
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ   にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
にほんブログ村 にほんブログ村



[問題]テレフォンパニック

きょうは眠い。
もしかしたら二度寝出来そうだったが、起きなきゃならんかったし。
うん、フレッツ光からぷらら光に乗り換える手続きで、14時に電話が来る手はずだったんだが。
約束より1時間あまり早起きして、寝ぼけて契約の話なんかしねえよう、準備万端で待ってたら、電話が鳴った。
ところが。
受話器上げたら相手の声が聞こえる間もなく、いきなり切れた。
……先日から通話機能以外壊れたと思ってたんだが、勧誘の電話以降、いつだか知らんが機能が全壊してたらしい。
これじゃ電話受けられねーだろ!!
相手からはいつかかってくるか不明。俺狼狽。
とりあえず、ばーちゃんの部屋から通話機能オンリーの電話をボッタクってきた。
デイサーで不在。
だが、ばーちゃんだって電話がなきゃ困るだろう、年齢考えたら、いつ誰の訃報が入ってくるやもしれん。
最後の手段。
机の下に突っ込んでた、ブラザーの複合機を引っ張り出した。
以前、元同業者?と電話するのに、やたら声が小さくなるトラブルが起きて、その時に暫定的解決策として持ち出したやつだ。問題は先様にあったんだが、まあ解決した。
その後、万一のために机の下に待機させといたのだ。
ただし、致命的な問題がある。

机の上に乗せられねえ。

やつが鎮座してた場所は、すでにEPSONのカラリオが陣取ってて、机に上げられん。
ので、床に置くしかねえ。
で、ケーブルが届かん。
ばーちゃんの部屋から延長ケーブルを奪取、電話をつなぎ直し。
複合機、最低限のセット完了。通話確認、異常なし。
とりあえず飯をかきこんで書斎に戻ったら、呼び出し音鳴ってた。

手配は無事終了。25日切替。
そして疲れ果てた俺はgdgd。
何ンもしねえで寝たかった。

ああ、そうだ、大仕事に意外なメリットがついてきた。
先日来探してた船長くじのラストワンフィギュア、机の下にレジ袋かけて収まってた。
よし、売るぞ。新しい電話代の足しにしよう!
あ、いや、欲しかったけど手に入れられなかった人にお届けしよう。その結果として当家の電話機購入の一助になってくれればWIN-WINだからな。

俺「当面は複合機でもつが、こんなデカイもんいつまでも足元におけん。早急に新しい電話を買わねばならん」
嫁「留守録なくて良いよね」
俺「や、ちょっと待て……最低限の機能は入れようぜ……極端に急がんくても、当面は複合機でもたすわ」
たしかに電話なんかめったにかかってこねえけどな、論点そこじゃねえし。
嫁は携帯で全部完結してるが、俺は極力携帯使わん方針なのだよ。
自宅警備員として、だいたい在宅してんだから、携帯使う場面なぞねえ。料金プランも障害者サービスで契約してる。このまんま放っておきゃ最低料金ですむんだ。
代わりに、連絡の生命線は固定電話になる。留守録ねえとか困るわな。大事な電話だったらどーすんの。かかってきたことさえ知らんのだぞ。
それは俺的にかなりマズイ。
ので。
最安値で結構だが、留守録機能は譲れん。

つーかパナソニ○ク、二度と買わねえからな!
早々に留守録呼出数設定変更出来んくなりやがって、コイツはヤバイのをつかんだかも……と思ってたら案の定だ!
たった3年だ。3年!タイマーでも入ってんのかコイツ。
本当はパイオニア欲しいが高いんで口に出さない。
安いので良いんだ、安いので。
俺だって船長貯金必要だし、じゃあ11月で楽になるのかつったら、この後にムカつくイベントがある。
年末料理のノルマだ。ひとり1つ以上。最低価格は1万6000円のおせち!
ざけんなあああぁ!
……ノルマだからね。買いますよ。ノルマだもん。
次から次へと出費大杉…………。

大丈夫、年が明けたら楽になる、そう信じよう……。



やっぱし俺、若干だが躁入ってるっぽい。
ずっと手が止まってた落書き、続きを書けてる。
いやー、良かったなー、なんて思ってたらおい、9月5日じゃねえか。
〆切まで1か月だよ!!マジかよ冗談よせよ!
船長の誕生日は10月6日だ!

1本すでに仕上がったのがあるんだが……これは船長カコイイつうより、や、カコイイんだが……ダウナー系なんで出して良いもんかどうか。モノ自体は悪くはねえと思うが。
今書いてるやつの方が、これまでっぽいといえば、これまでっぽい。
誕生日公開に適してんのは、おそらくこっちだ。
しかし間に合う保証がねえ(汗
くそ、何とか出来ねえかな。って、俺が書くっきゃねえんだが。
大丈夫だ、書ける。以前土壇場1週間前に無茶振りされて、ネタもねえとこから間に合わせたじゃん!
年に1度くらい、まっとうな物書きに戻れよ!

やれるだけやってみる。少数だって毎年待ってる客がいるんだ、だから、やれる。

よし、物書きモードにシフトチェンジ。



いやもうマジでパニクりましたよ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ   にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
にほんブログ村 にほんブログ村



[創作]要するに力不足ってこと。

ちょっとおもろいもんを見かけた。
ので、ちょっと首突っ込んでみる。

過日の芥川賞、最近その書評が公開されたそうなんだが。
落選した作家がブチキレてる。台湾生まれ、両親は台湾語と中国語が混ざった言葉を使っていたとのこと。テーマは『母語』だとか。

選考委員にこう書かれた。

『これは、当事者たちには深刻なアイデンティティーと向き合うテーマかもしれないが、日本人の読み手にとっては対岸の火事であって、同調しにくい。なるほど、そういう問題も起こるのであろうという程度で、他人事を延々と読まされて退屈だった』

これにキレてる。
最初に選評を見たとき
「うーん……対岸の火事まで言っちまうのはどうなのかとして、他人事を読むのが退屈だったってんなら、小説なぞ全部他人事なんだから、きっと面白くなかったんだろう」
と思ったおぢさん。
で、簡略化した各審査員書評略式まとめ。

宮本輝「日本人の読み手にとっては同調しにくい。他人事を延々と読まされて退屈だった」
山田詠美「何しろ長過ぎる。前半は料理以前の原材料という感じ」

吉田修一「小説としての良い意味での余白がほしい」

小川洋子「留学生活の会話の中で提起されると、どうしても薄く軽くなる。切実な物語が用意されれば、もっと強いテーマとして浮かび上がるはずだ」

堀江敏幸「やや説明的になった部分も散見された」

川上弘美「好感が、感慨や動揺や連想にまで広がってゆかなかった」

島田雅彦「自らが拠って立つ足場の確認を繰り返し行うことに、この作者はそろそろ飽きなければならない」


あ、はい、つまり未熟だったんですな。了解。
ツイで本人の書き込みに「人種差別だ」とかリプしてる人もいるそうなんだが、ちょっと調べれば状況が見えるじゃないか。

いやね、怒りが収まらんって気持ちは判りますよおぢさんもね。
編集長にボッコボコに書かれたからな、批評。
ただ、この人と俺の違いは、俺は入賞してたってことで。
落ちてボコられるなら判る。入賞してボコられる意味は不明。
「んなもん即刻辞退してやるわああぁ!!」とマジギレしてたら、ダチに「そこは耐えろ、デビューがパアになる!」とマジで止められますた。

落ちたんだから、何言われてもある程度はしゃーねえわ。
読み手を引き込めなかった、その一点において作家の負け。
実際、選考委員だって人間だから、好き嫌いはあるんだろうしな。
むしろ落選を逆手にとって書くくらいでなきゃダメだ。
『大いなる助走』について、筒井康隆は「これは私怨ではないのか?」と問われ「私怨でない小説があるか」と、超開き直り。直木賞に3度落選したのが原動力だったからなw
いっそ私怨小説書いてみろと思う。何か見えるものもあるかもしれん。
発表するしないはべつとして、書いてみるのは良いだろうな。
Twitterに文句なんぞブチまけてねえでよ。
作家は何でも作品にしてナンボ、そーゆう生き物じゃねえのか?
見苦しいんだよ、ツイで泣き言なんぞ。
怒る方向が間違ってる。
島田はお前のノミネート作を全否定しているぞ。こっちの方が酷い。



純文学は『アート』なんだよな。文芸だから。文章芸術。
アートつうのがよく判らん俺にとって、純文の何たるやは、さらによく判らん。
俺にとって、もっとも判りにくいジャンルの芸術なんじゃねえかな。
上記のダチと
「銀英伝なんてキャラ小説でしょ、つまり」(いわゆるライトノベルの先駆けらしい)
「キャラが出来てない小説ってあんの?」
「………………」
くらいですよ。
まぁアレだ、要するにキャラだけで読ませる、地の文が浅い作品ってことなんだろうなと解釈している。
エンターティンメントは面白くてナンボだ。芸術的な表現なぞライトノベルに求めている奴はいない。
ただ、エンターティンメント作品に極めて芸術的な筆力があったとしても、面白ければ誰も「これは文芸作品であってカテゴリが違う」とか妄言こかない訳だ。
多分、芥川・直木ダブル受賞だろーな。

「アタシもアートって判らないのー」
って人に、どうすりゃわかりやすく説明出来んのか、おぢさんは悩んでみた。
自分が何となく理解した方法を書いてみよう。

世界中数多の画家が星の数ほど人物画を描いてきた。
が、そのほとんどは埋もれてしまい、人目に触れているのはごく一部。
それはピカソであったり、シャガールであったり、フェルメールであったり、ゴッホであったり、ルノアールであったり、ダ・ヴィンチであったり、人が手書きで書き出していける程度の人数といえる。
それらが何故残っているのか。そこにある『独創性』ゆえだと思うのだ。何かが、どこかが他の画家とかけ離れて違うのだ。人を惹き付けるのだ。
正直、俺はピカソの何がどう良いのか判らん。ゲルニカは観てみたいと思うのだが。

時間も文化も乗り越えちまい、変わることなく続くものを『普遍性』とかいう。
芸術には独創性と普遍性が求められる、ということか。
その場限りもてはやされて廃れるなら、時間の重みに耐えられなかった。
独創性がないまま普遍を求めても凡庸にしかならない。

ともあれ『余人をもって代えがたい』ものであるらしいことは判る。
つまり文芸においても『余人をもって代えがたい』筆力が求められている。
主題は何でも良い。妻がトイレから1か月も出てこないとか(地元紙の文学賞で受賞してた)、目が覚めたら虫になってたでも良い。ひたすら絶望してても良いし(書いてるってことは絶望してないんだな)、哲学を判りやすくパロっても良い。
だが、芸術でなくちゃならん。
「長すぎ」と言われたら、敗北に等しい。長さを感じさせてしまった。時間を忘れさせるほどでなくては芸術とは呼べんのである。

極論だけどな。

あとひとつ、すげー気になったのが
「自らが拠って立つ足場の確認を繰り返し行うことに、この作者はそろそろ飽きなければならない」
てとこね。
足場の確認、何度やっても結構。もうね、好きなだけ、いくらでも書いてくれ。
それが主題なら、納得するまで書ききるっきゃねえでしょ。
創作屋ってのは、自分の中に揺るぎない(とも言い切れないが)主題を秘めている。
手を変え品を変え、作家は同じテーマを創り続ける。
しつこいよお前、と思われてる時点で惨敗なのよ。飽きさせてんだから。
俺なんか自分の駄作4冊読み返したらキャラ設定と構成のパターンが同じことに気付いて死ぬほどワロタ。
ああ、こーゆうことか、と。意識的であれ無意識的であれ、自分の中にそーゆうのがあるんだわ。
「これしか思いつかない」んでなく「そうか、これが描きたいのか」って。
あー、原体験ですねえ〜って、案外単純なのね、おぢさん。



結局「ダメだった」。そこに尽きる。
辛い批評も、もう、ああ言う以外に言いようがねえって言葉だ。作家は言葉の選び方に容赦ねえから。他人に伝えなきゃならんからさ。まして自覚が薄いかもしれねえんじゃ、爪痕ザックリ残すくらいでねえと。
伝わらん言葉ほど無意味なもんはねえ(相手があほなら完全に無意味)。
言われた方はそりゃもう怒髪天だろうけどさ、受け止める方向を間違わんように。
対岸の火事だと思われた自分の負けなんだから。
ちょーっと文学とは呼べないなぁ〜、ってお話だから。
ノンフィクションでなく文芸を選んだのなら、文芸として表現すべし。



ま、こんなカンジ。
この雑文に責任はいっさい持たんよ、そこまで誠実じゃーない。病んだ元?エロ作家の独り言だ。

「転ばされて泣いてる暇があったら立ち上がって走り出せ、それが創作屋だ」
てことでつね。
リーマンだって何だってそーじゃん、座り込んでたら前に行けん。
まして創作屋なら、なおのこと。

あー、ダラダラ長すぎ。人のこと言えねえwww
だが俺は「600円以内に収めたいので7P削って下さい」と、版元の事情で言われただけだからな!




カテ違いなんでブログ村のリンクはない。


livedoor プロフィール
記事検索