Operation-L Ver.2

持病にて自宅警備員。病状を連ねたりヲタを呟いたり、善き家人と過ごす日々の雑文

Autistic Disorder

[書く]ミミズが這うと意味不明

入院記録をテキスト化。
うーむ……
予想通り、とんでもねー作業だ。なんたって3日目にして『(解読不能)』が2個出た。
読めん。前後の文脈見ても読めん。判らん。全然判らん。
何書いとんじゃ禮人。これは日本語じゃねえ。

昔っからこんな字だった。
俺は保育園とかそーゆう集団に属してなくて、寂しいこたぁなかったが『小学校に上がる準備』って意味では致命的にヤバかった。
気がついたのは入学してすぐ。
 なーんと、禮人さん、『字が書けない』とゆー、とんでもねえ小学1年生だった。
担任つきっきり。えらいこっちゃ。読めるけど書けないクソガキ。
さあ大変だ、『あ』から始めなきゃならん。
こくごのれんしゅうちょうって、あの、うっすらとグレーで下書きがあって、それをなぞって覚えるやつ。
ん……これだけははっきり覚えてる、てのが『らいとさん、"な"が書けません事件』。
すげえぞ、ひらがなの『な』が書けなかったガキが30年後、作家モドキやってました。
それはともかく。
お手本をなぞって覚えたはずの字は、とんでもなく悪筆になってもーた。つか、元々そういう素養があったのかもしれんが、とにかくひでえ。
もう、人生これまでに、誰に、何度言われてきたか覚えとらん。

「禮人の字はミミズみたいだ」

そう。おっしゃる通り。悪筆なんてもんじゃない。マジで「これ文字か?」つうほど。
他人の目にはさぞ読みにくかろう。俺でさえ時間をおくと読めん文字が出てくる。
親父には繰り返し、これでもかってほど、クソバカにされ続けた。
とんでもねえくせ字を「俺カコイイ」とか本気で思って見せびらかしてる奴を「こいつマジでアホだな」と思ってたんだが、まあ繰り返しバカにされるほどひでえ字なのは間違いねえ。
だから署名させられんのが大嫌いだ。役所で住所云々書かされたり、学校のテストとか、死んだ方がマシだと思うのはのし袋。あれはもうマジで許してほしい。1か月は赤面し続けられる。何年か経ってもフラッシュバックして赤面する。

「自閉症の人の典型的な文字ですよ」

どうやら、そういった症状?があるらしい。
てゆーか、あった。

『ミミズが這うような字を書く』

はい、その通りです。何も反論することはございません。

何でそんなことになるんだろうな?医学的には原因が判明しとるんだろーか?それとも統計的にミミズが大勢いたってことなんだろーか?

だがまあ、何はともあれ、自閉症のおっさんはひでえ字を書いてる。
自分でも「何書いたんだコレ?」ってのを。



これを、とんでもねー量、エディタに打ち込まねばならん。地獄の手作業。
病室がパソコン持ち込みおkだったら、こんな目に遭わされずに済んだんだ。

だが、出来れば、せっかく書いたもんだから公開してえなと思う。
どーでもいいような駄文だが、それでもやっぱし、書いたからには放流したい。
昔は人目に触れさせるのが嫌だった。どれくらい嫌かって、作った同人誌を売らなかったってくらいだ。
読んでもらいてえ気持ちはある、だから書くんだが、いざとなるとケツまくってしまう。
が、たとえライトノベルエロだろうが、作家たるを志せば読まれるのが当然。
そこで考え方が180度変わった。
書くからには出す、出すからにはひとりでも多く読んでほしい。
だからやっぱ出してえのよね。どんな雑文でも。
このブログだってそうじゃん。読まれたくなかったら書かんし、出来るだけ鍵記事は使うまいと思ってる。

とはいえ、さて、今回は難題だわ。読めねえ字を解読しながら打ち込もうってんだもん、目が死ぬ。ほんとヤバイ。
そらな師匠に『スキャンしてzip』とオーダーされたが、もちろん、それが出来ればマジで楽なんだが。
 ミミズが這った跡をみてどーすんのかと。ほんとマジ。
読めんもんを配布するくらいなら、やはり頑張ってブログにせねば。



数日に1本、くらいなら、頑張れるかも?
毎日1日分を解読するなど無理だ。せめて3日で1本。
や、こーゆうことを書くと、自分ルールにガッチリ縛られ自縄自縛になるワタシ。
もっとゆる〜くいこうかな。
ゆる〜く宣言しちまえば、自分ルールでゆる〜く出来るかしんない。

よし、あすまで考えてみよう。
それでは結果はあすのOperation-L Ver.2で!



SHARPさんにはマジで感謝してる
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ   にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
にほんブログ村 にほんブログ村


ワープロは救いの神だった。
ありがとう書院シリーズ。



[障害]禮人さんの『へんなところ』

禮人さんの『へんなところ』。


人から言われたこと
・わがまま・自分勝手
・非常識
・協調性がない
・変人奇人
・人と同じことが出来ない
・学習意欲がない
・やりたいことしかやらない
・扱いにくくて困ります(by 小4担任)
・女は女らしくしろ
・冗談を真に受ける
・ルーズで怠け者
・部屋がゴミ箱、片付けろ
・すぐ開き直る
・人の気持ちが判らない


自分で分析してみた
・頑固
・無駄に理屈屋
・無駄にルールに従う
・「これが常識」と言われても根拠がないと納得出来ない
・注意力がない
・100%シングルタスク。同時進行が難しい
・興味を持ったもの(こと)しか出来ない
・自分ルールが多い(しかも奇妙)
・急な予定変更、予想外の事態、などで混乱or立腹
(ex:1等です!壇上へどうぞ!(マジでパニクった))
・一部を除き、他人に興味を持っていない(ようだ)
(ex:人の顔や名前が覚えられない)
・人間関係を構築・維持するのが困難
・猛烈な見知り。初対面の相手との会話の仕方が判らない
・騒音、臭い、まぶしい、皮膚に何か塗るなどがNG


言われたことに対する反論
・男子に女子の言動を求める方が間違い
・根拠のない常識を押しつけられるのは迷惑
・わがまま、自分勝手といった認識はない
 むしろ気を遣う性分(方向性を誤っている可能性はある)
・押しつけの協調は協調じゃない
・やりたいことしかやらないのでなく『出来ない』
・扱いにくいのはあんたの主観と教育者としての無能
・人と違うことをしようと思ったことは1度もない
(創作を除く)
 人と同じであることに意味があると思ったこともないが
・奇人、変人と言われても……これが俺の『普通』
 てゆーか『普通』の基準て何なの?
・冗談は通じる!……が、時々マジに受けるのは否定しない
・頭や体が動かせんくなるのを怠惰とはいわない
・片付けないんじゃなく、片付けられんのだ
・居直るも何も、それが事実なら事実だと言うっきゃない
・人の気持ちは判りません、推測のみです
 その『推測』すら不可能な人が多いです




結論

『禮人さんはアスペルガー症候群方面と思われます』


ま、自閉症スペクトラムの診断は確定してたからな。知能に問題ねえし(おそらく)。
高機能自閉症かアスペルガーかどっちかなんだが、今は境目がほとんどねえから、自分の問題点にもっとも近そうなのをたぐったらアスペだった。



ほんっとにね、まあそれなりにしんどい人生やってきました。
あえて誤解とはいうまい。それぞれの主観の違い、認識の違いであって、多分、どちらの見方も間違ってはいないのだろう。
それが端的に判るケースをひとつだけはっきり覚えている。

伯父が亡くなった。
葬儀場とかでなく、団地の中の集会所で葬式をすることになった。
葬儀が終わってから、同じ集会所で精進落としをやるそうで、準備するグループと火葬場に行くグループに分かれる。
俺は当時居酒屋勤務で完全な寝不足状態&バスなどの乗り物に極端に弱い。しかもマイクロバスだという。これはヤバイ。最悪コンボ。
「俺、バスで吐くと悪いから、ここで準備するわ」
つったらね、妹に猛烈に罵倒されましてな。
「あんたはそうやっていつも非常識で自分勝手でこっちが恥ずかしい!gdgd(ry」
とのことでした。

俺としては「バスに酔ったらみんなに迷惑」だと本気で思ったんだが、妹には非常識でわがままにみえた。
どっちが正解だったのか、俺はいまだによく判らん。とりあえず「俺、間違ってなかったと思うんだけどなあ……」とか。
どーなんだろうね、ご意見募集中。

あ、火葬場行かなかったぞ。精進落としの準備してた。

ほんとにさ、こんなのが繰り返されると、ものすげえ自己嫌悪と自己否定を抱えることになる。自分なんか信じられんくなる。
そこに躁うつまでかぶってもーて、俺の人生はメチャクチャだったのだ。
ずっと「俺は生きてる資格があるのか」と考え続けてた。
躁うつの診断が出た時は「ああ、俺って怠け者じゃなかったんだ……」って、すげえ救われたし、自閉症スペクトラムを告げられた時も、突然で驚いたが、ものすげえ救われた。
障害だったのか、と。

今さら、かもしれん。
本当はお子様のうちにみつけて、障害に合った育て方をすりゃ、多少は生きづらさも緩和出来たんだろう。
俺らの時代に、そんな気の利いた土壌はなかったけどな。



『疾病利得』とかって、なんかイヤな言葉があってだな。
ほんと、誰かこーゆうの何とかして。
安堵しちゃいかんのか?原因を知って謎が解けて嬉しいのは悪事なのか?
『ひどい頭痛に悩まされていて、もしその原因が判ったら、完全に回避することは出来なくても、緩和することが出来る』
と判明したら、普通「ああよかった」と思うだろう。
それと同じだ。診断の上にふんぞり返って居直るとか、そーゆうんじゃない。
治そうとして治せるなら『障害』じゃない。
ただ、すこしでもいいから改善出来ればと多くの患者が思う訳だし、速効がみられないからって「甘えてる」とか言われても困る。
実際に努力しない奴がひとりいたとして、それをもって怠惰の証拠となすのは無理がある。
それは、すこし考えれば判ることだと思うんだが。
『一は全』ってのはね、病気には適用出来ねえの。

ただ、まあ……俺の場合はもう還暦寸前って状況で判明したもんだから『無駄な抵抗はよせ(意訳)』だそうな。
躁うつもおんなじこと言われた。未治療の期間が長すぎて手遅れだって。
「就労はしないで下さい。症状が悪化するおそれがあるので」。
チョこいて就業して、うつ転したらまた動けなくなって辞めるかクビ、そうすりゃまた自己嫌悪がひどくなるから……とか。
ほら、ね、ちょっと間違うと死ぬじゃん?
実際に「死なないで下さいね」て真顔で言われたしね。

原因を知るのも、ちょっと「まいったな……」と思う部分もある。
「たしかに事実で間違ってねえけど、バイトなんか多分20回くらい変わったけど、思いっきり仕事禁止とか言われると凹むよな……」
診断ついたらついたで、こーゆう気持ちにもなったりするんだ。
当事者以外には、説明しても判るまいなあ。
無理っしょ、南国の人に雪国の寒さを想像・理解してもらおうとか。
『(疑似)体験』ってベースなしに、ただ想像しろとか言っても、ぜってー出来ねえって。
そりゃあ『空想』の領域だよ。

だから「まあ、判らんくてもしょうがねえよな」つって。
そうすると「居直りやがって」と責められる。
ははは……どうすりゃいいんでしょーね、俺たち。

いつも、口ずさんでる。

「自分じゃない他の誰かに
 理解求めること自体が
 ああなんて不毛な行為なんだろう
 きれい事じゃないんだよね、世の中」



俺はほぼアスペルガー症候群の自閉症スペクトラムで、双極性障害で、これはもう逆立ちしようがどうしようが変わらんし、薬で抑えるのが精一杯で治療は出来ん。
この現実の上に立って、死ぬまでどう生きるのかを決めなきゃならんのよ。
泣いても喚いても、自分が障害者だって事実は変えられん。

『偏見をなくそう』とか、そーゆうことは考えてない。
立場が違えば見える景色も違う。そこは否定出来んだろ。
ただ「頭っから決めつけるのはやめてほしいなあ」とは思う。
決裂するにしても、対話は必要じゃね?
やってみなきゃ決裂するかどうかも判らん。が、最初っから決裂してるよりは建設的だと思うのよ。

まあ、ぶっちゃけ、これは俺らサイドがどうにか出来ることじゃなく、罵倒する側に「落ち着け、ちょっと待て、俺の話を聞け、5分だけでもいい」と求めるしかねえ。
そうすると「こっちにばかり要求して、あいつらは自分で努力しようとしない」と罵られる訳だが……。

うん。堂々巡りだねっ。

やはり理解なぞ求めても無駄だな。
ということがはっきりしただけでも収穫といえるか。

なんつうか……アレだ、アスペもなかなか、キツイっすよ。
はははは。



『永劫回帰』はちょっと避けたい
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ   にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
にほんブログ村 にほんブログ村



[障害]ひとつなぎの救済

カードの請求額がeBOOKで使った分しかなかったんで「あれ?こないだAmazonで剣心買った分は?」と首をひねってた。
そういや、あれはコンビニで支払ったんだった。眼科の向かいのファミマで。
いやん、俺ったらもう。
あー、ここに来月から問答無用で1000円乗っかってくるんだな。
Amazon primeとATOK passport。
どっちも便利……つか、ATOKは絶対手放さない。もうggrになんて戻れないわ。



まとめサイトと、ようつべの関連動画。
あれってどうなのよ?時間の無駄的な?
と思いつつ、次々と記事を追っていく自分もどうよ?

ネット見てるとさあ、『発達障害は、障害でなく個性です』って、よく書いてある。専門家(精神科医とか)も、そう言ってる奴、多い。
それを否定する気はさらさらない。うまく導いてやれば、個性として社会に対応出来るのかもしれん。
や、多分そうなんだろうな。

んでも、そーゆう記事読むの、俺にとっては何の救いにもならんというか……むしろすげえストレスになるな、と思った。

俺、四捨五入したら還暦なんだよな。
躁うつも持っててさ。
しかも性同一性障害なんかも抱えててさ(自閉の人に多いかもと主治医に言われた)。

俺、どうすりゃよかったの?
親も周囲も誰も知識や対応策持ってなくて、ただただ『あいつは変人だ』『このお子さんはとても扱いにくいんです(by担任女教師)』『(学校サボる落ちこぼれなんかと付き合うのは嫌:元親友)』『男女(おとこおんな)』『自己中で協調性がない』etc...
そうやって普通に白眼視されて、普通に落ちこぼれて、普通に社会人として脱落して、仕事長続きせんくて、そーゆうのをさ、たったひと言『個性です』って言われてさ、「なーんだ、そうだったのかー」


なんて思える訳がねえだろ。


俺らの世代は、そーゆう奴ばっかなんだと思う。
知的障害を併発してる奴は、むしろ医者にかかれて、周囲にも「あいつヤバイから」と認知されて、すこしは楽だったんじゃねえかな。
そんなこと書くと「知恵遅れとかキチガイとか言われて楽な訳がないでしょう!!」とか、激高する奴はいるんだろうが。
だが、考えてくれ。俺らみてえに知的障害伴わんタイプはもうね、ボッコボコですよ。容赦なんかねえよ。人格否定三昧、ほんとマジ。
知恵遅れてねえのにキチとおんなじ扱いされるの、どんだけキツイか判るか?
キチには同情する奴もいるが、こっちには同情者なんかいなかったんだ。

これ、個性?
マジ、個性?

やっぱ『生まれた時代が悪うございました』に落ち着くんかな。
そうとしか言えんわな。
べつに時代を恨むとか、不毛なことはせんけどね。
意味ねえし。つーか時代の恨み方なんか知らんし、知っても得にはなるまい。

『自閉症は生まれつきだから治らない。今後は自分になるべくストレスをかけないよう、出来るだけ楽に生きるのがいい』
それが医者に言われた言葉。
「末期のがん患者みてえだな……」と思ったよ。
アレだよ、「すでに手遅れでした。あとは患者さんの好きなようにさせてあげて下さい」的な。
そうね、老年期の患者に「これは個性だ、前を向けー!!」とか言う精神科医がいたら完全に欠格だわ。

さんざん、ほんといろんな目に遭ってきたよ。
もう余生は楽に過ごさせてくれ……。

だからもう開かんよ、自閉は個性だと主張する記事は。
俺にとっては、そんな綺麗なもんじゃねえから。

「障害だったのか。俺の人格が破綻してた訳じゃなかったのか」
この安堵は、判る奴にしか判んねえだろう。
GID、躁うつ、自閉症……すべてが繋がって、自己否定や自己嫌悪にまみれてた俺は、心の痛みからずいぶんと解放された。
救われんまま死なずに済んだのは、本当によかった。



最後に
「発達障害は言葉で説明するのには無理がある」
とゆー決めつけには反論しておきたい。
自閉症は個性とか言っといて、こーゆうこと書くのか?
自閉やアスペの作家なんか腐るほどいるし、言葉で理解出来る。
それこそ個性なんで、勝手にラベリングしねえでくれ。



『無理な場合が多い』にしとけよ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ   にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
にほんブログ村 にほんブログ村



プロフィール

禮人

記事検索