本日『体育の日』。こちらは市民マラソン。
嫁、早出。店が11時半開店。即飲める。
大会終わると、客がなだれ込んでくるんだと。
打ち上げ会ですよ。
「お疲れー!すっげー喉乾いた!(ごくごくごくごくごくごくごく)プハァー!生ビールおかわり!」
とかくヘルシーにダイエタリーに思えるマラソン。イメージ崩壊。
時々「いてててて足つった!」って、腹ばいに寝てマッサージしてもらいながら飲む強者もいるという。
ちなみに神社の祭りの日がすげえ。
神輿のあんちゃん達が、店の開店前から来て、すげー勢いで飲んで行く。
いわゆるひとつの『景気づけ』てヤツだな。
そして祭りが終わると、同じ面子が駆け込んで来て、すげー勢いで飲む。
「日に2度ピークが来んの」
ご来店ご愛顧頂けるのはありがたいことだが、過ぎたるは及ばざるが如し。
おそらくヘロヘロになって帰ってくるんだろーなー、嫁。

アルコールは利尿作用があり、水分補給には寄与しないどころか逆効果なんで、先にたっぷり水分摂ってから飲むが吉。
んでもさー、喉が渇いてる時に飲むビールが旨いんだよーwww



ゆうべ、面白えサイトを見つけてなー。
『ヴィーガン 輸血』から『輸血拒否 エホバ』……と、関連ワードに流れて遊んでた訳だ。
そしたら、1枚の洋画に出くわしましてな。画像検索だかに引っかかったんだっけかな、それをクリックしてね、サイトに移動。
何か、画廊的ななにか。
で。
画について、笑うほど長い解説文。
おいおい、何でそんなに語ってんだよ、思い入れの激しい画商だなー、つうかそんな深い?個人的解釈まで書き込んだら買い手がつかねえぞ。笑。

画家本人のサイトだった。自分で手売りですな。
アマチュアじゃねえよ、ちゃんと画家。
「美術作家年鑑によると、1号につき82万円にて評価されていますが、作者直売の場合は、1号につき5万円以下にて販売」らしい。
クソ長い解説文もご本人の手によるものだろう。

画家やめて作家になれば?
画に収められんものがそんなにたくさんあるならさ、画家に向いてねえと思うよ。

プロの画家で、何かしらのコンクールで入賞したりするなら、最低限の感性や才能は持ってる訳だろ。応募にはクソ長い解説文なんかつけねえだろ。
それでも評価が出るんだから、それで良いだろ。
何故語る?
タイトルと作品でテーマを表現出来んのか?
どーしても口を出してえのか。
それ、ものすごく『画家に向かない性格』だと思うんだよな。



トンデモ方向に行ってる連中って、何で無駄に語るんだろうなあ?
この画家の場合は、信仰なんだけども。
ミッシングリンクガー、インテリジェント・デザインガー、etc...。
興味あれば名前とURL教える。
俺はこれから、このサイトを堪能してくる。
こんな大物のオモチャを見つけたのは、すっげー久しぶりだ。

ID説ってのは以前からあちこちで見かけてる。
完全否定はしない。超能力や幽霊と同じで、科学的に完全否定出来ないってだけで、俺的には『トンデモ理論』なんだが。
この画家さんの場合は、画の解説以外の部分がいろいろ破壊力すごくてよー。

インテリジェント・デザイン


まぁうん、がんばれ。



きょうは記事書いてる途中で寝落ちてもーて、またしても更新時刻を偽装している。
最近こんなんばっかで凹むわ俺。
あすは23時59分までにうpしる。



神様を信じられるほど純粋でなく
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ   にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
にほんブログ村 にほんブログ村