もうすこしで脱稿出来そうだって、晩酌の後書斎に戻った。
クライマックス書きかけだったんで、ザクザク書く。そりゃもう一番の見せ場だぜ、ノリノリで書く。
時間感覚ゼロ。完全に集中。

ハッと気づいたら、ケツの下がゆらゆら縦揺れ。頭クラクラ、吐き気登場。
時間は11時前。
続行不可能、緊急退却。
いっそ吐くかと思ったが何も出ねえので、デパス2錠突っ込んでベッドイン。
気持ち悪くて、しばし寝返ってばかりいたが、いつの間にか落ちてた。
アラームを15時半にセットしたが、15時前に目が覚め、嫁と一緒に飯。
デパスは効くなー。とりあえずの範囲だが首のコリは落ち着いてた。
首が固まるのがヤバイんだよ。嘔吐中枢がやられて吐き気が出るから。
あーもー、久しぶりにやらかしたぜ。
っとに、かくも脆弱になっていようとは、我ながらびっくりだ。
ほんの数日で撃沈とは情けなさここに極まる。

昼飯食って、やっぱダメージ引きずってるとこに追い打ちで原稿書き続けてっから、対策としてデパス1錠飲んだ。
案の定眠いです。
がんばるおぢさん。

もーすぐ書き上がるんで、ほぼ目標タイムで脱稿予定。

てゆーか、嫁が風邪ひいたっぽいんだが……。



1日、帰ってきてしばらく机の前でうたた寝してて、3時過ぎにぼちぼち動き出したと思ったら「体温計ある?」。
帰ってきた時はなんともなかった様子だったのが、喉が痛いとか言い出し、首に触ったら熱がある。
37.3。平熱より1度高い。
いきなりだったんで、真っ先にインフルエンザを疑う。昔は冬の風物詩だったのが、最近は真夏に出たりもする。
翌日、熱はなかったが、喉の痛みが進行。ヴィックスを舐め始め。
受診を勧めるが「様子見てから」と ケツ 腰が重い。

きょうのカエルコール、ひでぇ声。
本人ようやく受診する気になったようだ。めでたい。
俺、きょうあすは追い込み入ってるんで、ちょーっと風邪だけはもらいたくねえんですよねー。
あと2日待って。6日以降ならべつにインフルくらい来てもかめへん。



『特定医療費受給者証』が来たぞ。
『下垂体前葉機能低下症』と書かれておる。これの、さらに分類したとこに成人成長ホルモン分泌不全症がある。
よし、役所に行って名前変えてもらお。じゃねえと大学の窓口で困る。カルテは現本名なのに、手帳が旧じゃ噛み合わん。
嫁の次の休みは5日だ。

……未明にうp出切るだろーか、ご生誕記念日駄文。



つー訳で俺は原稿書きに戻る。
晩酌前までにケリつけてえ。


1年ぶりに無理無茶やり放題だぜ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ   にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
にほんブログ村 にほんブログ村