今朝方は酎ハイ飲まんかった。
つーか、そんな場合じゃーなかった。就寝時間が6時過ぎになった。
4時間どころか3時間ほどで起きることになり、起き上がる時はひたすら根性。
なけなしの根性振り絞って、起き上がり、机に向かってメモ書いた。

・ほぼ1日中眠い
・気力がないが、すごくイライラする
・数字に弱くなった
・女の声で「ねえ?」と幻聴
・左脚を猫に叩かれる幻覚

医者、メモ見て「………………」。
医「数字に弱くなったの?」
俺「銀行口座の端数とか、引き落としにあといくら入れたら良いのか、ちょっと判んないんすよね、ここ数か月」
医「下のふたつは幻覚だね、うん……」
俺「これまで人の声が聞こえたことなかったし、ハッキリしてたんで、ちょっとビビってます。猫のほうは、なんか、もう慣れたというか」
医「うーん……他に薬の出しようがないんだよね。いつもの処方でいこう」
ですよねー。そうですとねー。鋼の鉄板処方だもんねー。

俺、統失まっしぐらかすら?
それともアルツハイマー?
どっちにしてもヤバイ。
このまま悪化するようなら、嫁と別れる算段をせにゃ。
あほの面倒なんぞ、あいつにみさせられん。


本日の処方
ラミクタール100mg×4T/14day(朝2 晩2)
デパス0.5mg×1T/14day(朝)
エビリファイ1mg×1T/14day (朝)
リーマス200mg×3T/14day(就寝前)
銀春0.25mg×2T/14day(就寝前)
リボトリール0.5mg×2T/14day(就寝前)

現状維持以外に何が出来る?


全っ然関係ねえんだけどさ、
なんか、いつも思うコト。

『夢はいつかかなう』
『夢を追いかけよう』
「みんなの夢は必ずかなう」

夢がかなった奴に言われたくねえよな。
「あんたは夢がかなったからそう思うんだろうが、現実には国民の半分も夢なんかかなえちゃいない」
いつまでも夢なんか追っかけてたら、いつまでも非正規職員で収入不安定で、いつまでも嫁なんかもらえんくて、当然ガキのツラなど拝めるはずもなく、実家からは勘当、狭いアパートに住んでてだな、たまにおんなじようなこじらせ仲間と居酒屋で音楽論とかブチ上げちゃったりしてさ。
作家だっておんなじ。歳を重ねるほどムキになって、絶望感と執念が頭ん中をぐるぐる廻る。ここまでやった以上、成功しなきゃならんって、プレッシャーで書けんくなってノイローゼ気味(うつ)になる。

マジで何かしらで成功したいと思うなら、後ろに壁があって、そこにナイフがついてると思え。刃先はお前の背中にピッタリついてる。
背水の陣なんてぬるいこと言うなよ、水は泳いで逃げられる。
背中に突きつけられた刃は、一歩でも退いたらお前を刺すぞ。
そこまでやれば、かなわなくても自分を褒めて良いと思う。負けて悔いなし、だ。

そんなのさっさと捨てて普通の生活を望むのを、夢に挫折したとか捨てたとか、そういうふうには思わんもん。
なんて潔い奴らだろう。そういう人間たちが日本を支えてる。

俺はどっちつかず。それ以下。
しっかりと掴みきれなかった望みの尻尾を掴んだまんま、どうすることも出来んくて、薬を飲んでうずくまってる。
復帰云々なんて冗談どころじゃあねえ。いつ具合が悪くなるか判らんのに不用意に仕事求めたり出来ねえし。いざ書き上げたとしても進行の間に潰れるかもしれん。
スケジュールが厳密に決まってるから、ブッチなんぞしたら他の出版社でも使ってもらえんくなる。

こないだ、14年前の自著を読み返した。エロは苦手なんで読み飛ばしたが、じつは小説それ自体は面白かった。かなり。エロすくなくて売れ行きは悪かったんだが、担当は「面白さ優先で出しちゃいましたからね」って、当時はお世辞だなと思ったが、今は素直に「これ面白ぇな」と思った。
形になっててよかったな。

俺の自著は8冊だ。
最低10冊は行きたかったが、あとすこし、手が届かんかったな。

これは『夢がかなった』のか『夢を追って挫折した』のか、俺には判らんね。
いや、夢つうより、じつは俺は小説家だけは目指したくねえと思ってた。金が絡んでメンドクセーのはゴメンだ、趣味なんだから自由にやりてえ、と。
だが現実、俺は『出勤が出来んかった(うつ期)』から、家でやれる仕事を探すっきゃなくてさ……それが『小説』だった。
俺は夢を追ったんじゃねえ、現実を負ったんだ。

現状に悔しさがねえといえば嘘になる。
そりゃ悔しいけどさ、無理すりゃリバウンドで嫁に迷惑かけちまうし。
このまんま、細々と穏やかに生きてくのも悪くねぇかな、とか。
投稿ん時、何度背中に刃背負ったか。
「ここで今退くくらいなら死ね」と、何度自分に言ったかな。
ドうつのど真ん中で何も書けるはずねえのに、のたうち回って足掻いて泣いて、それでも退かなかった自分は、ちょっと偉かったなと思ってやれる。

『夢は必ずかなう』なんてこと、俺はとってもじゃねえが口に出来ねえ。
成功者の傲慢だと思ってるよ。
だが、それでも夢を追うってんなら「かなえる方法探れよ?」と。

1等取れるのはひとりしかねえんだぜ。
――稀には、1等2回取ってやっとデビュー出来たバカもいるが。



小説といえば。
1月に書いてあった誕生日小説のこと思い出して、今手がけてんのと前のやつと、どっちが良いのか完全に判らんくなってもーた。最悪。
すげえよね、2本のうち1本選べって。すっげー贅沢だよな。
……甲乙つけがたい!!!!!
どっちも良いが、どっちも良くねえ。長所短所双方にあり。
余裕ブッこいてたのに、あと4日だぜ!シャレなんねええええぇ!!!!

いい、もう、最悪、嫁に決めさせよう。



得意技は責任放棄と開き直り(キリッ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ   にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
にほんブログ村 にほんブログ村