Operation-L Ver.2

持病にて自宅警備員。病状を連ねたりヲタを呟いたり、善き家人と過ごす日々の雑文

50代、双極性障害で軽ヲタでFtM。こじれまくり人生だが、それなりに生きている。

近況

しぶとく生きてるぞ。
吐きまくりの日々ではあるが。

詳細は後日改めて。

ここんとこ12時間点滴が続いてるせいで、点滴が終わっても無意識にルートを庇おうとしたり、手が点滴スタンドを探してしまうおぢさんである。
まだ日記を書ける状態には程遠い。
一日中寝てるほかねえんで、頚が凝っちまって眼精疲労さながら。
なんとこの俺さまが、Dr.STONE読んでねえ。マジかよって自分で驚くわ。
明日、嫁にWJ2冊持ってきてもらう。
きっとまた千空はスゲー面白ぇことやってんだろな。楽しみだ。



目が疲れるんで、きょうはこのへんで御開きだ。
ご奇特な皆の衆、また覗きに来てやってくれたまい。



んじゃまたな!

まだアカン。

きょう、飯が始まった。なんと1週間ぶりだ。
軟々食つうから五分粥あたりを期待してた俺がバカだった。

全粥。1週間絶食した俺に、全粥。

……勘弁しろや。

喉を通らんよ、マジで。朝は一口、昼は二口、夜は三口。
限界。
嫁が差し入れてくれたヨーグルトやゼリーで生きてる。



点滴のルートを左肘内側の真上に取られて腕動かせん。
マジでどいつもこいつも点滴ド下手。
俺腕アザだらけ。
結構悲惨。



ヘタレなりに頑張っとる。
誉めて。

備忘録

あいにくまだアカン。
ので、忘れんようにメモ。

今朝8時過ぎ、2度めのコードブルー。4階処置室つってたからERぱい。
赤の他人だが、助かってるといいな。

げに恐ろしき

俺、ちゃんと「術後イレウスだと思う」と何度も言ったんだが、イレウスはないと思うよと言う医者。内科医。何アホなこと言うとんねん、と思いつつ、吐き続けること丸一日。
レントゲン撮って20分ほどで担当医やって来ていわく「イレウスでしたー」。

怒。

診断つくまでのフットワークは絶句に値するのろさだが、診断つくと便利な大学病院。
そしておぢさんは診断確定直後から絶飲食。
水飲みてぇ。飯は欲しくねえが水飲みてぇ。



精神科のせいだと思うが、医者でさえルート取るのが下手。マジで下手。
かかりつけ診療所のナースの10倍かかっても終わらん有り様。刺し直し2回。刺しミス1回。黒タンと青タン。
げに恐ろしきは精神科の点滴。



そんな感じ。

生存証明。

以前から「3日更新が止まったら死んだとおもってくれ」が常套句だったので、頑張って更新。
土曜午後から20時間ほども吐きまくり、半死半生だった。深夜以外ずっと点滴。
内臓の動きが低下してたんだそうだ。
まだ回復しとらんので、これをもって生存証明とする。
更新が滞ることもあるだろうが、そう簡単には死なんので心配御無用。

んではまた。

切ったど。

今晩は、ご奇特な皆様。今夜もおぢさんの無意味な独り言が始まりますよー。



またもや廊下で立ち話の担当医。
俺が面会でナースステーションの前通る時、用があると引き留める。
オマエが来いって。キチガイ病棟で病気の立ち話はヤなんですよ、俺は。
イヤだろ、常考。
その立ち話で手の震えはどうかと問われ、全然治まらんと答えたら、セロクエル切られた。
こいつ学者じゃねえなあ。ここは半量にして続けるところだろ。
だがまあ、医者が切るならそれでいいんでね?てなとこ。
が、震えば続いてっから、アキネトンは飲まされるようだ。
アキネトン飲まんくても、セロクエルやめれば自然に治まるけどな。



ああ、頃合いをみて、1週間くらいばーちゃんと同居テストやろうか的な話された。
だいじょーぶなら退院、ダメなら入院は続くよどこまでも。
俺としちゃ、退院は望ましいが、ばーちゃんと1週間てのはなぁ、現状で自信ねえのよね。痛みはかなり落ち着いて、座薬ほとんど使わんらしいんだが、俺はもう、座薬って言葉アレルギー。無理。ばーちゃんの口から座薬って言葉が出ると精神が硬直する。
こんな状態で大丈夫なんだろーか?
もはや、ばーちゃんそれ自体がダメかもしれん。
担当医は、家庭環境の影響が大きいんじゃないかというが、や、だから俺はばーちゃんにやられてどん底快速に乗ったんだってば。
思いの外ダメージ大きくて、10分足らずの面会すらキツかった。
こんな状態で1週間。極力、接触は避ける方針だが。
ほんと、俺精神が心配。今度追い込まれたら本気でヤバイです。
退院して、嫁のメシ毎日食って、普通にネットやれて、数少ない友人と接触出来るって、すげーしあわせだろーな、と思うん。
せやけど、それを維持出来るかどうかは俺とばーちゃんの距離感にかかってる。
今までみたく、当たり前のように俺におぶさるつもりだったら、俺は潰れる。そこんとこを理解して、おんぶをやめてくれたら何とかもつ。
……難しいかもな、あの調子だと。
面会行った時も、自分が退所したいんだろう、早く良くなって下さい、とか、笑顔で言われてゾッとした。
せっかく落ち着いたのに、また奈落行きですかねー。
イヤだな、元の木阿弥は。本気。



楽しい話をしよう。入院のメリットだ。
19歳のピチピチお嬢ちゃんと会話する嬉しさ♪普段あり得ねー感動。
これは入院ならではの喜びだね(^-^)v
もれなく強迫神経症がついてくるから、多額の水道代に耐えられる方にのみ紹介してやろう。
昨日なんか、朝、20分間手洗いしとった。
なかなか、ごっついぞ。



てな訳で、しあわせな話で今夜はお開き。またあした妄言吐きに来るぜー。

おーい、医者

と、CMのパクリから始まった、本日のOperation-L Ver.2なのである。
今、英語入力したら根性尽きた。
それではバイバイ~……とはいかんだろーな。
いや、済ませても良いんだが、それって更新のうちに入らんでしょ。
実際のとこ、もともと意味なんぞねえ雑文だけどさ。雑文だって読んでくれるご奇特な方々がおいでな訳であり。
それゆえに、おぢさんもえーこら頑張って入力せねば。



担当医が来ねえ。
問診と、その後2回会ったと思うんだが、そんだけ。
マジそんだけ。
徒歩30秒すらかからんナースステーションには来るらしいんだが、そこからこっちにはお運び頂けん訳であり。
こっちだってなあ、藥の処方とか用事があるんだよ。患者は黙って薬飲んで寝てろってか?
ジョーダンじゃねーわ。
贅沢言わんから週1くらいはツラ出せ。もう1週間以上ご無沙汰だ。
俺はここに薬飲みに来たんじゃねーや。

……あれ?何できたんだっけ?
ああ、ばーちゃんと一旦ブレークってことだった。俺が落ちすぎたからだ。

で、ばーちゃんを1泊家に帰さねばならんらしく、ソーシャルとケアマネとにそこらへんの手続きを任せ、こっちも日を合わせて外泊することになった訳だが、きょう来た嫁いわく、2泊になりましたと言われたらしい。

待て、話が違うだろ。
1泊だっつーから良しとしたんであって、2泊なら呑まんかった!俺が病院に戻った1泊、嫁だけに任せる気か?
一応、表向きは「同居人」、そこまでやらされる筋合いねえと思うんだが。
こうやって、また嫁の負担が増える訳だ。
せっかくの連休を、ばーちゃんのお守りで潰せと。
それ聞いたら、すげー陰鬱な気になった。何つったら良いんだろーな……もう、俺には重すぎる、ってことなのかなあ……うん、多分重すぎるんだ。いろんな意味で。
退所したら、公的サービス目一杯使える分だけ使って、俺の負担を軽減する方向なんだが……俺がどこまでもつかな?
やってみなきゃ判らんが、コケたら元の木阿弥、振り出しに戻る。
俺は戻りたくねえんだケドね。



はぁ……ため息しか出てこない、とってもBlueなおぢさんなのである。

つーか、来いってゆってんだよ、医者っ!

おぢさんイライラ

昼飯に筑前煮が出た。
薄味で鶏肉ひと欠片、人参ふた欠片、こんにゃくとゴボウ大盛りのな。
主菜は玉子焼きだった。ほんのり甘いのがふた切れな。
俺は思うんだが、もしかして刑務所の囚人の方が旨い飯食ってんじゃねえかと。
しかもタダで。
……世の中って、理不尽だよな……。



今日の俺は午後忙しかった。
ソーシャルとケア、俺の3人でばーちゃんのことも含めて今後どーすっか、話し合いする予定だったんだが、約束の15時半になっても来ねえ。
ナースに訊いたら、ふたりで話を詰めてるとか寝言言われた。
だったらそう言えや!
嫁が面会来るのに時間のやりくりが狂うじゃねーかっ。
おかげで30分ロスした。

一時は別居計画もあったが、とりあえずはデイサーとヘルパーを最大限使いまくってやってみることで手打ち。
ばーちゃんは自分で寝起き出来るようになったとかで、それは救いだ。
あとはひとりで便所に行けりゃ十分助かる。
ヘルパーが月に何日頼めるかはまだ不明。そこは介護認定がどうなるかによる。
ケアマネージャーも大変だわ、年寄りばかりか俺のことまで考えにゃならん。それでも給料増えるでなし。
俺だったらグレるね。
まあ、何はともあれ、11日。ばーちゃんが一泊帰宅、に合わせる形で俺外泊、そこでどんな話になるか……だな。
やだなあ、ばーちゃんと合わせて一泊とか。
ウザイ目に遭わなきゃ良いんだが。
せっかくこっちは落ち着いてんのに、また寝言ほざかれたら一直線に急降下だぜ。
泣きながら病院戻る羽目になったら超サイアク。考えただけで鳥肌もん。

ちなみにおぢさんはまだ退院出来ねーっぽい。ソーシャルワーカーがポロっと
「らいとさんはまだ退院出来ないから……」
だそーです。
いやん、おぢさん早く出たいのん。
が、セロクエルの副作用問題が解決しとらんので、出してもらえるとは思ってない。
まだまだ続く入院生活。
ぐったり。



今、最遊記読んでる。やっぱ三蔵は凶悪だな。短気な上に武装してんだもんな。正直、目の前に出てきたら、逃げる以外の選択肢思い付かんよ。
俺、命惜しいもんww



ま、きょうはそんなカンジで。
おぢさんそろそろ閉店です。またのお越しをお待ち申し上げます。

震える上に痛ぇとか

おぢさんです。右手親指の元が痛ぇです。
どうやら筋違えたっぽい、一応湿布貼っておいた。
1枚丸々じゃデカすぎなんで、ナースさんに半分こしてもろた。
まったく、ハサミひとつ持ち込めんあたり、さすがP科。
きょうは前回没収されたのと同じ袋に飲み物やら着替えやらを入れてきたんで、扉のこっちに入って荷物チェックの時に「これ、長いと思うんで、部屋に荷物置いたらまた来ます」
と、相変わらずの模範的囚人です。
良い子やるのも、なかなか骨が折れる。




ようやく手元にきたアイマスク。
やっぱりあると良いねえ。
ハルシオンなしで眠れるようにはなったが、やっぱし何度も目が覚めてだな、それが昨夜はなかったかな。いっぺんくらいはあったような気もするが。



おっと、就寝前のお薬の時間。手も痛えし、本日はこれにて。
プロフィール

禮人

記事検索